3Dモデリング

Fusion360で靴をモデリングしてみました。

【Fusion360を使ったスカルプトモデリングの第一弾】

 

今回は靴をモデリングしてみました。 基本操作を理解するためにも、参考動画を見ながら作業していきました。

参考動画はこちらです。

まずは靴のベースとなる形状を作るところから始まります。個人的にはこの作業が一番難しかったと感じています。 このあと作っていく全てのパーツがこれに追随するため、綺麗な面が張れているかどうか細かくチェックしました。

それ以降の作業では、ほとんどスカルプトモードを使うことはなく、スケッチを描いてサーフェスを押し出したり、そのサーフェスを使ってカットをしたりと、他の3Dモデリングソフトでもできるような地道で単純な作業が多かったです。

折角の練習なので、スカルプトモデリングを活かした形状を作ろうということで、紐を蝶々結びにしてみました。

蝶々結びを観察しながら、紐がどのように絡み合っているのかを理解する工程が楽しかったです。

3Dデータが完成すれば、Keyshotを使ってCGレンダリングを行います。 今回は生地感のあるマテリアルを与えてみました。 靴の形状からかなり重い印象を受けていたので、質感と色味だけでどこまで軽快な印象を与えられるのか実験してみました。

いい感じに軽さを表現できたと思っています…笑

余談になりますが、Fusion360を導入した経緯について少しお話したいと思います。 普段の業務では、Solidworksを使ったパラメトリックモデリングを主軸としています。 ざっくり言うと、設計用のソフトなので有機的な形状を作ることはあまり得意としていません。

作りたい形状があっても作れずに諦めてしまう、そんなことが過去に何度もありました。 特にクライアントワークにおいては納期が存在するため、より限られた時間の中で スタイリングを考えなければならないという、もどかしさもありました。

そこで、作りたい形状を素早く表現できるソフトを導入しようということで、 Fusion360のスカルプトモデリングへたどり着きました。

【スカルプトモデリングとは】 英語の「Sculpt」は彫刻を意味しています。その名の通り彫刻や粘土のように 数値で表すことが難しいような形状をモデリングすることに適しています。

【パラメトリックモデリングとは】 寸法値や拘束条件を指定/定義して形状を作成する方法のことです。 値を変更するだけで類似形状が作成できるので、既存製品のデータを 改良して新規設計を行う場合などに有効です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

最近の記事
おすすめ記事
  1. 11年連続掲載!「デザイナーズFILE2024」

  2. 年末年始休業のお知らせ

  3. 三星ダイヤモンド工業株式会社様、半導体ウエハ精密切断装置「DIALOGIC」

  4. YouTubeでサーキュレーターの動画が1万再生されました。

  1. 11年連続掲載!「デザイナーズFILE2024」

  2. 年末年始休業のお知らせ

  3. 三星ダイヤモンド工業株式会社様、半導体ウエハ精密切断装置「DIALOGIC」

  4. YouTubeでサーキュレーターの動画が1万再生されました。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP