3Dプリンター

3Dプリンターとの格闘。

クライアントの依頼でスケールモデルを制作することになり、3Dプリンターで部品を制作していたのですが・・・なんと、動作時に電源アダプターがオーバーヒート!手に持てないくらいに高温になってしまい、サーミスタが反応して強制電源シャットダウン。わーーお。約10時間の造形が無駄になってしまいました。早速、対策を講ずるべく考えたアイデアが、工作室に転がっていたアルミ板で電源アダプターを挟んで強制空冷!これが、なかなか冷えるんですよねー。しかし、アダプターがこんな高温になるとは思いませんでした。恒久対策としては、もう電源を作る!ということになり、スイッチング電源とACコードなどを購入するという力技でなんとかこの難局を乗り越える予定です!でも、こんな状況って、結構楽しかったりするわけで・・・でも納期がヤバイ。つづく・・

関連記事

  1. ハニカム3Dプリンタ格闘記

    3Dプリンターとの格闘②。

  2. 地震の影響と備えの大切さ…

  3. パッケージ山積み!

    外が見えないほどのパッケージ群。

  4. 試作での電気配線作業風景

    試作機の製作風景

  5. 新幹線車内から富士山を撮影

    日本の象徴「富士山」!

  6. 塩ビパイプ宙吊りで塗装

    何かが宙吊りに?パート3

  7. KENTEN2018

    KENTEN建展2018に行ってきました!

  8. ハニカムスタジオ作業風景

    何かが宙吊りに?パート2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP